忍者ブログ
しまねこの息抜きブログ
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12
壊れた自転車。
捨てるに捨てられない。
自転車に申し訳なくてな。
何かパーツを一つでも取って
新しい自転車に付けようか。

「神様自転車くれ」と頼んでおいたら
ある日、勤め先の駐輪場に
放置自転車がある事に気づいた。
さっそく店長に相談、そして快諾。
警察に電話して事情を説明。
防犯シールから持ち主が判明した物もあったが、
最後まで分からない物が1台。
2週間ほど「取りに来ないと捨てちゃうよん」
と張り紙して警告したが、
当然なんの反応も無し。
その1台を貰える事になった。
盗まれちゃったかもしれない方には気の毒だが、
大事にします。<(_ _)>

意外にこれが当たりで、
1年近く放置してあったのに
空気がまったく抜けて無かった。
メーカーはしまの自転車だって。
ブリジストンの方がずっと高いのに
結構さびて痛んでた。

自転車はブリジストン。
って言うこだわりを持ってたけど
最近のブリジストン自転車って
やわになったような?
思い過ごしだろうか?
あ、鳩山さんとこの会社だっけ?( ̄□ ̄;)ナント!!
止めた。忘れてたわ。w
も買わない。


シャンプーはノンシリコンが主流になるとおも。
レブールが売れてます。
特にこの紫が。



▽の広告はしまねこの広告ではありません。

PR
長い。
今年のGWはとてつも長く感じる・・。
あと2日。頑張れ自分!
大丈夫。のののご飯も足りそうだ。
ののの・・・(笑)
ののに漢字をあてようかな。

ののは狩りが大好きです。
自分のお茶碗にカリカリが山盛りになっていようと、
自分で入手しないと気が済まないってゆう。



段ボールの蓋は齧ってボロボロ。
負けずに蓋をこさえたけど、意味無し。
おかげでそこいら中にカリカリが散らばって大変よ。( ̄〜 ̄;)

ののは長生きするかしら?
やすらかに死んでくれるなら、
短い人生でも良いんだけど。
とかぁちゃんは思ってんだ。

これは読みたい!
けど、なんか大量買いしてるヤツがいるとかで
我々に読めないよう画策してるとかなんとか。
キャンセルを勧められるんだってさ。( ̄□ ̄;)ナント!!
ほんとかよ。
余計読みたくなるぢゃんね。(笑)




下の広告はしまねこの広告ではありません。


またやっちゃっった。(〃∇〃)
私はどうしてこうお金の管理が下手なのか・・orz。
いや待て。
GWでなければほぼ100点だったのよ。
だがしかし!完璧に忘れてたっ!
昨夜のこと。
カレンダーに予定を書き込もうとしたところ、
「4日の入金でちょうど間に合う〜♪
・・・あれ?なんでカレンダー赤いんだ?
・・・休みじゃん?!( ̄□ ̄;)ナント!!
うが〜〜〜〜っっっっっっ。
・・・以下略す。
まっ、私だけじゃないと思うけど。ぐっすん。

涙目になりながら、
それでも、電気が止まる心配は無い。
ずいぶん成長したではないかっ。
と、思う事にしよ。
大丈夫。なんとかなるなる♪
そっ、悩んでもダメなことは
前向きにあきらめるのさ。
春だし。(意味不明)


ところで、今回の大紀元・中国崑崙山の仙人(25)除妖
は読みましたか?
仙人と従者の妖魔退治の旅、と言った所でしょうか。
今日の話も面白かったです。
私が学んで来たところの内容とは
だいぶ違うところもありますが、
共通するところ、表現が違うだけ。
と言う箇所もだいぶありました。

妖魔退治や悪霊退治に憧れる方は多い。
真剣に取り組もうとなさる方もいる。
が、その多くが逆に取り込まれては
勘違い大王、もしくは裸のお笑い王様と化す。

上の仙人さんでさえ、話に出て来るように
妖魔退治をする準備段階で
ものすごく面倒でやっかいな手順を踏むわけです。
そして成功した後でさえ、多くを語りたがらないし語らない。
知る人は知らぬと言い
知らぬ者ほど知ると言う。

ある、とてつもなくエラい○様のお言葉だそうです。

小さく、臆病者ほど自分を大きく見せたがる。
胆の座った人はバカにされても笑っておられる。
私はせめて、正直でいられるよう頑張るか。



この下の広告はしまねことは関係ありません。








今日は先帝のお誕生日でしたね。
うっかり忘れておりました。
昭和天皇のご修行が進まれますように。


陛下のお話の後になんなんですが、
ここんとこ、何件も似たような事故が続いてますね。
(事故だと思うんだけど)

歩行者の中に車が突っ込んで・・と言う
痛ましい交通事故のことです。

以降は私見です・・とお断りして。

これ、『魔』ですね。
ちょっかい出してる悪いモノがいる。
たぶん群れ化したモノたち。
同じモノの仕業だから、事故も似てる。
いずれも、居眠りやボーッとした瞬間等、
通常でない状態時に、スキを憑かれた感がある。

皆さんも巻き込まれないよう、
重々お気をつけくださいよ。




この下段の広告はしまねこの広告ではありません。
このブログ会社のものです。


ここに越して来たばかりの頃、
よく家の周辺を探索した。
その探索の折り、驚いたのがこれ。



シャクナゲなんです。
詳しい方も多いと思うが
シャクナゲでこれだけ樹高があるのって
珍しいみたいですね。
きっと大きく育つ種類なんでしょうけども。

前回、知遇を得たセレブ氏から聞いたのだけど、
よくTV局の取材も来るそうです。
家主さんはもうすぐ100歳にも手が届くと言う方で
今でも農作業を続けておられると言う
カクシャクたるご老人だそうです。

セレブ氏のご自宅でお話を伺っていた時のこと、
シャクナゲのおじいさんとそう変わらないくらいの
おばあさんがお部屋から出ていらしたのですが、
こう両手を畳について、
ヨッコラショと腰を持ち上げて立ち上がられました。
その時、
ー同じおばあさんでも我が母となんと違う事だろうー
切ないやら申し訳ない気持ちになったと同時に、
自分のやって来たことは、必ずその結果を見る。
生きてる間ではないかもしれないけど。
そんな考えが頭に浮かびました。

今さら母を非難する気はありませんし、
やり直しの利く時期はとうに過ぎていますから
ああせよ、こうせよと注意もしません。
ただ、残念な人生は無数にあって、
私も他人事ではないし、
まだ間に合うとすれば、人は大いに自分を改め
やり直す努力をすべきだと、
しみじみ、しみじみ思うのでした。
貧しくとも、それなりに幸福って人生は確かにあると思う。

ちなみにシャクナゲの花言葉
「威厳」「警戒」「危険」「荘厳」
だそうです。

自転車が壊れてしまって、直すより
買った方が明らかに安く済む事が分っておるので
放置。(; ̄ー ̄)..
仕方ないので歩いてお買い物。

歩きだとコースが変わる。
自転車では通れないこう言う裏道は楽しいもんです。



裏通りをトコトコ歩いておると、見事な藤棚を発見。
玄関口にその家のご主人らしき姿が。
「藤棚の写真を撮らせてください」
と声を掛けたら快諾。
「快諾」だけでなく、お庭も案内して下さった。
これはちょっと困ったな・・と思ったけど、
素直にご好意を受けることに。





玄関の叩きには、可憐な花が鉢一杯に咲いている。
向いの空き地は雑草と野菜と植木が混在。
タマネギの隣にキンカンが植わっていたり、
銀杏から育った銀杏の幼木もあったり。
それはそれで趣きがあった。

何かの話の時、「中国」が出て来たんだけど、
ご主人ちょっと顔を曇らせて
「僕はあまり中国が好きじゃないので・・」
こう仰るので、
「尖閣諸島は日本ですよね」
と言ってみたら、
「そうですそうです!」
やっぱり。w

聞けば、皇居に奉仕団参加しておられると言う。
今度、仲間に入れて貰えないか、頼んでみようかしら。
あれは団体で申し込むのよね。

これでお互いに
「ああこの人は大丈夫」って思ったみたいでw
藤の話から、話題はどんどん広がる広がる。w

ご町内のセレブさん。と言った感じかな。
今度、木いちごの苗を頂く約束をした。

お庭を出る時、よくよくお礼を言ったのだが、
名前を聞かれてしまった。w

そうそう、このブログで商品のご紹介をしている件ですが
先日、ご質問を頂いたので、ここに書いておきます。

このブログを楽天市場の玄関にして頂くと、
ここで紹介していない商品でもお買い物をして頂くと
しまねこに1%のポイントが支払われます。
貯まったポイントはしまねこのお薬になったり
のののご飯になったりします。
一ヶ月、200円〜1800円くらいですかね。

そんなわけで、いや、自分はそう言うのは嫌いです。
と言う方は、ここから楽天に飛ばないよう注意してください。
協力するよん♪と仰って頂ける方は
楽天、アマゾンでお買い物する時は
良かったらここから飛んでって(Link)ください。
どうぞよろしくお願い致します。

しまねこ拝

高いけど、持ってて欲しい一冊です。
英和辞典くらい厚いけど。w



いやはや。
母の話にまさかのオチが付きましたので
ご報告致します。
ご心配をおかけしました。

今朝になっても電話が来ないので
さすがに心配してこちら掛けてみたら
「行かない。もう大丈夫になったから。」
「?????どーゆーこと?」
「昨日、施設に入る予定だったんだけど、断った。」
「はぁぁぁぁぁあ?!( ̄□ ̄;)!!」
つまり、昨日の母の話は全部大嘘だったと言う。orz。

ちょうどご近所さんがお茶に来ていると言うので
電話を代わってもらい、
何かあったら私に電話してくれ、と頼んでおいた。
おかげで遠回しに説教されたよ。( ̄▽ ̄;)!
まぁ事情を知らないから当然なんだけど、
正直、ちょっとだけ悔しかった。w
マイサンと今後の事を相談して決めた後でもあったので。

でもまぁ、ああ良かった。と。
独りごちしたものの、
神様の言いたい事はよく分った。

私がここに自分の状況を書いてしまうのは、
身に起きた事がどう動いてどう決着するか?
私がどう動くか?考えるか?
ご覧頂くことで、見本になれば。と考えるから。
決して手本じゃないんですよ。
良い事も良くない対処も
良い見本にして頂ければ、少しは役に立つと考えてます。

しかしまー・・・・
産生神のご加護を疑ってはいないが
こちらの都合と産生神のお考えは別ですものね。
本当にご心配をおかけしました。<(_ _)>

しまねこ拝

-------------------------------------------------------
これからは、ノンシリコン・シャンプーが
主流になって来るようですね。
高い割りによく売れてます。




貧しいながらも、
少々勤め先にキ印が居たとしても、
一人でのんきに暮らせる状況は満足だった。
だからこそ、
ーこのまま?ー
と言う疑問があった。
ー神様がそんなゆるい生活を許してくれるのか?ー
答えはノー!かもしれん。

今朝早く、実家の母から電話があった。
詳細は省くが、
立ち退きを迫られており、行く所が無いと泣き出した。
参った。
聞けば、まだどの身内にも相談していないと言う。
なだめ、落ち着かせ、まずやる事をやれ、
と諭して電話を切ったが、
最悪の場合、静岡で面倒を看ると約束した。

ご存知の方も多いと思うが、私の母は変な人で
子育てが出来ない人だった。
幼児を置き去りにして・・と言うほどではないが、
今の時代に同じ事をやったら
私は養護施設に入っていたと思う。
もっとも、私は子供心にそれを切に望んでいたのだが。

何十年も、母親を憎んで恨んで嫌って生きて来た。
それが神道を勉強し、大祓詞を読むようになってから
だいぶ気持ちが変わって来て
母を許せるようになって来た。
その矢先のこの話である。

母をこの狭い所へ引き取るのは大いに無理がある。
だが、親孝行させて貰える最後のチャンスでもある。

もし、母が実家で孤独死を遂げ、
私の知らない間に埋葬されたとしたら・・。
何度もそう考えた事がある。
それならそれで別にな・・と言う気持ちと、
いやいやそんな事をしたら神様が許さない。
2つの考えが同時に浮かぶ。
そして何もせず、忘れてしまう、の繰り返しだった。

親が大変な時に、手を差し伸べない者に
「神ながら」を語る資格は無いものね。

神様は確かにゆるくないが、
同時にこうして慈愛深いお手配をなさる。
シュギョーと禊と積善が渾然一体!w

『困難は受け入れる所から逆転が始まる』
そうだ。そう言ったのは自分だ。
実践するとも。
・・・しかし、大変だぁ。

-------------------------------------------------------
母の日に迷ったら、『買い物バッグ』ってのも良いね。


一度23℃を体感してしまうと、
室温20℃でも寒いと感じて辛い。
生活も同じで、わざわざ貧しい暮らしを
選ぶってのは無いなぁ。
それなのに、そうなるかも。( ̄〜 ̄;)
頼まれるとイヤと言えないこの性格。
ええカッコシィなんだねぇ・・。

勤務先が移動になった。
いろいろあって、そのいろいろが重なって
今回の運びとなった。
そのおかげで身体と時間に余裕が出来る。
けども、「やれやれ」って面が大きい。

前の職場は激務だったが仕事が面白かった。
上司以外の仲間も愉快で楽しかった。
まるで部活のノリで。
けどもパワハラはあるし、サービス残業毎晩で
ブログも開けない状態だった。

@金銭的余裕+パワハラ+疲労
@時間的余裕+貧乏+孤独
2つの選択肢から、私は後者を選んだ。
その結果が凶と出るか吉と出るか?
自分次第であるな。

何かを失えば他の何かを得る。
この法則を理解していると、愚痴も減るね。
悪運も病気も一旦、受け入れる所から逆転が始まる。
自力ではどうにもならない状況に陥ったら、
慌てず焦らず、じっとその状況を受け入れる。
難しいことだけど。
肯定的にあきらめる。
それは、執着から離れて次の段階へ進むための
一番の早道だ。
こう言う時、信仰がある人は強い。

-------------------------------------------------------
また自分で梅干し作りたいなぁ。
前のページ      次のページ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]