忍者ブログ
恵方たわわ屋@しまねこの息抜きブログ
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白い話を見つけました。
ひと月ほど前から「大紀元」で連載されている話なんですが、
500歳になる仙人と筆者さんの交流が紹介されてます。
神道を学んだ方なら、きっと面白く読めますよ。
少しだけ抜粋。

平先生は昆侖山で先天道を修めた世外奇人
(せいがいきじん:仙人のこと)で、
年は500歳を超えていた。
私は幸いにも平先生と縁を結ぶことができ、
小さいころから平先生と知り合うことができた。
下記は私と平先生が知りあって数年間、
平先生が私に口述したことや、一緒に経験したことである。

これらのことを公開するのは、
世の中の人々にはまだ知られていない、
世外奇人の真実の生活を多くの人に伝え、
彼らと自然界に対する世間の人の誤解を取り除くためである。

平先生と会った人はいるかもしれないが、誰も彼が世外奇人であるとは知らないだろう。
(抜粋)
平先生は行脚(あんぎゃ)することが好きで、
既に中国全土を踏破した。
平先生は修行者であるが、道教を修めたのではなく、
自分では先天道に属していると話していた。

(抜粋)

全文はこちら▽
中国崑崙山の仙人(1)

はんてんが欲しい。
PR
さっき、バイト先にレノアを買いに出かけたら
客友のイケメン君に遭遇。
大事な用事があって、
ずっと会いたいと思ってたのでラッキー♪
さっそく相談事を持ちかけて、快諾を得る。
ふっふっふ。良かった良かった。

その後、今飲んでいる胃薬の効果がイマイチだったので
薬剤師さんに相談してみた。
・胃痛がある。
・胃液が上がって来て吐く。
・食欲が無い。
・ゲップが出る。
・便が真っ黒。
症状を聞いた薬剤師さんの顔色がどんどん変わって行くので
むしろ胃が痛くなった。
「ストレスだね。潰瘍の気があるかもしんない。
胃壁が痛んでるようだし。」
と言うことで、『三共胃腸薬「漢方」』を試すことに。

さらにロキソニンを頼んだら、
「胃腸薬を飲んでる間は、ロキソは飲まないでね?!」
激しくアドバイスされる。
痛み止めは胃痛が治ってからな。って意味か。

う〜ん。ストレスの原因は分っておる。
けども、これ以上私の努力ではどうにもならん。
あと三ヶ月。三ヶ月でめどが立つ。
そうしたら、本格的に引きこもり生活に戻れるよう、
計画しなくてわ。

段ボールの開け過ぎで(爆w 
手首は捻挫したままだし、
もうなんかね、満身創痍とはこのこと。
でもね、悪い感じはしない。
なんかいい感じ。
門が開き始めた感じがする。

楽天ランキング1位だそうです。
こっちの調子が悪い時に限って、
のの蔵が三度目の発情期に突入。
2〜3時間置きに唸り&徘徊し出すので
これをなだめるのも大変だった。

う〜ん。最後は『胃』に来ました。
それでも、胃薬でなんとか収まってたんですが、
昨夜はとうとう仕事中にトイレに駆け込む事2回。
でも胃液しか出ず。
帰宅してお茶をガーッと飲んだら
1時間後にまたリバース。
でもまぁ、それが良かったみたいで痛みは遠のき
今日の午後には動けた。
ストレスって怖い。('_'、)

そして、
「胃痛とのの@発情が同時に収まる」の不思議。






まったく更新出来なくて、すみません。
なんかこう蓄積疲労?なのかしらん?
だるだるです。
もうちょっと休ませて頂いて、
週末復活して、面白いネタを探して来ます。
よろしくお願い致します。
勤め先の同僚で、妙な笑い方をするヤツがいる。
ふたり。
場違いな笑いと言うか、
なぜそこで笑うの?
何がおかしいの?
彼女の「笑い」に出くわす度、いつも思ってた。
それが、心温まるような笑顔でも笑いでもなく、
なぁ〜んかこう、小馬鹿にしたような笑いなんである。

で、いろいろ調べてみたら、行動心理学の本に解答が出ていた。

人と話していて、こちらが何か意見をしたり、
返事を述べたりすると、必ず笑う人がいる。
おかしい話でもないし、
バカにされるような事も言ってない。
その「笑い」は何処に何に反応しているのか?
まったくわからない。
当然、こちらはあまり気分の良いものではない。

だが、こういう場合、問題は笑う人にある。
彼女(彼)はなにせ優位に立ちたいのだ。
取り敢えず上にいたいのだ。
とりあえず、小馬鹿にして笑っておく。
「こっちは良く分かってんのよ」ってな感じで。
なぜか?
自分が劣っているのではないか?
無意識に怖くてたまらないかららしい。
アホくさ。(-""-;)

でも、この事が分ってから、
彼女らの「笑い」が不快でなくなった。
さりとてバカにもしない。
そうやって逆恨みを買うほどアホではないわ。

毎回、産土神にお願いして出かける。
「踏ん張って我慢して仲良く出来るよう努力しますので、
どうか大神たちのご加護を応援を賜わりますように。」
と。
その結果、人の揚げ足取りに命を賭けていた(笑)
未成年の態度が一変した。
はっきり言ってきもぢ悪いくらい素直になった。
私は平常運転である。
が、もちろん彼女の「想い」にはちゃんと応えておるよ。


人間の行動にはすべて理由があるってことだね。




善行は自ら口にするものではない。
って言うけど、今回は善行でもないので書いちゃう。

バイト先で大量の猫缶を貰った。
期限切れってやつ。
缶詰の廃棄は面倒だから、
(中味を捨てねばゴミに出せない)
貰ってくれた方が助かる。
と言うので、本来、廃棄商品を貰うのは御法度なんだが、
「じゃぁわしが捨てて来てあげましょう♪」
ってなカタチで。(笑)
まぁいいでないの。( ̄▽ ̄)

さっそくのの蔵に食べさせたら、
一口でほかしやがった。( ̄□ ̄;)ナント!!
たぶん食べないと思ったけどさ。
さてじゃぁどうするか?
うん。そうそう、浜で野良猫の面倒を看てる
オバさんに貰って頂こう!

・・と言うことで、お買い物のついでに
山のような猫缶を持って行くことに。
そして、そこでふと思いついた。
やっぱり期限切れで廃棄になるおせんべいを、
半額とかそれ以下で協力買いした物がある。
山のように。
これを、松葉狩りに行った時に出くわした
あのホームレスさんの家に置いて来ようか・・
と。

さっそく実行。

すべる土手を何とか上がって松林へ。
松林はどこも同じ風景なので、ちょっと迷った。
やっとこないだの場所を見つけて、
腰丈ほどの松の間をかき分けて行くと
あの小屋が出て来た。
屋根の上で何か動いたぞ?と思ったら、
真っ白い仔猫が居た。
ぉお!

猫缶をパッカーんと開ける。
白猫が音に反応。
首を伸ばしてこっちを見ている。
そしておそるおそる近づいて来た。
わしを怖がるものの、ご飯は食べたい。
その苦悩にもだえる白い猫。(笑)
だが、怖いより食欲が買ったのであった。

いつの間にか、何処からかまた3匹の猫が走って来て
次々と缶詰の蓋を開けるわし。
いいや。猫缶もここの住人さんに貰って頂こう。

白い猫が3匹。黒猫が1匹。茶トラが1匹。
ものすごい勢いで食べ出した。
試しにちょっと頭を触ったが、怒らなかった。
引っ掻かれるかな?と思いつつ
なでなでしてみたら、案外大丈夫だった。

そんなこんなで30分くらい経った頃、
松林の中から突然オッサンが現れた。
「こんにちは」
挨拶すると、おじさんも
「こんにちは」
挨拶が返って来てホッとする。

わしは猫缶の事情をオッサンに説明し、
貰ってくれと頼んだ。
オッサン快諾。
そこで、一緒に持って来たおせんべいも
良かったら召し上がれ、と手渡したら、
ボソボソと
「久々のご馳走だ」

オッサンに「煮炊きは出来るのか?」
と尋ねたら、「出来る」と言う。
それなら、今度、ラーメン持って来るわ。
と約束した。

オッサンが帰って来たら、
とたんに猫たちの警戒が解けて
わしが抱っこしても大丈夫だった。
「この子らが居るから寂しくない」
オッサンが言ってた。

明日は我が身。
人が千人居て、千人全部に合う社会なんてあり得ない。
オッサンだって、戦国時代に生まれてたら
英雄だったかもしれないのだ。

我が家ののの蔵とあの仔猫たちと、
どっちが幸せで不幸か?なんて、
まったく大きなお世話なことだよねえ。

カセットガスストーブなんてのがあるんですねえ。

・・・ところで松葉エキスなんだが、
3日も経ったら匂いが気にならなくなって
もう美味いこと美味いこと。
1日に3回も4回も飲んでたら
あっちゅー間に無くなっちゃった。('_'、)

眠れない夜、仕方なしに点けたTVで
宇宙は結局にどうなるのか?的な話をやっていて
ン兆年経つと、宇宙も結局は死んで行くみたいですね。
太陽もいつかは燃え尽きる、と。
他にもエネルギーを放出する星はあるけど、
いずれは同じ運命。
そうなった人類はどうする?
どうやら宇宙の外には他の宇宙が無数にあるらしいので、
シャボン玉のような宇宙の膜に穴を開け、
移住するって方法もあるかもね。
的な話で締めくくってました。
まぁ・・ン兆年後の話をされてもねえ?
ひとまず、来年の事はそろそろ考えないとかな?


可愛い!
こう言うカレンダーも1枚良いですね。



細密画が好きで本気でプロを考えたことある。
もちろん練習もしたんだけどね。



これもしゅてき!

先日、バイト先で仕事に追われながら
相変わらず自己主張を通すだけで
他人の話を聞かない同僚に呆れつつ、ふと気づいた。
『ああここも一つの霊界を反映しているのだ』と。

幽界には無数の『界』がある。
この現世界も一つの霊界に過ぎない。
現世界に、他の幽界の実装が映発されてもいる。
フラクタルの原理みたいに。

私のバイト先に映発されているのは
まちがいなく、下層界の実相だろうが、
上の界の実相が映発されている場所もある筈で、
そう言う職場に恵まれたら、なんと幸運なことか。
・・めったにないと思うけど。

つまり、この現世界は修行の場と言うのは
まことにこう言う事なのだろうな。
職場と言う一種の浄魂界で、
どこまで踏ん張って努力できるか?
私たちはいつも必ず、見られておるんだねえ・・。


・・ところで、神無月です。
旧暦をみたら、10月27日が十月一日になるらしい。
そうか、もう大会議は行われておるのか・・。
来年の命運がもうすぐ決まりますね。
・・こわや。

前のページ      次のページ
ズバッと本音で話します。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
MKM コンドロビーアップ錠 180錠





楽天で探す
楽天市場



ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]