忍者ブログ
しまねこの息抜きブログ
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13
先日の失敗は失敗扱いになってなかった。
私が退店した後、
私とぶつかった宇宙人が、上司に叱られていたそうだ。

朝、そのスタッフに謝罪されて
「いや別に私もモゴモゴ・・」で、
無事に仲直り・・・は良かったが、
側にいた他のスタッフが
「○○さん、人の話はちゃんと聞いた方が良いですよ」
宇宙人にダメ出し。
宇宙人は思いっきり凹んでしまった。(笑)
でもまぁ、その後は1日全体にいい雰囲気でした。



帰りに神社に寄り道。
境内に腰掛けて同僚と休憩していたら
ふと目の前の桜に気づいた。
「あれ?咲いてるねえ?」
そう。やっとここの桜も開き始めた。
静岡の開花は今年、めっぽう遅れておるのだった。

しかし、時の流れのなんと早いことよ。
人生が100年あったとして、
そのうち、33.333年は寝てるんだよね。
みんなうっかり睡眠時間を忘れてるけど、
5〜8時間は寝てるでしょ?
8時間として計算すると、1日の1/3は睡眠中。
人生の1/3は寝てるんだねぇ。

さらに、大人化を30歳と考えて、
ボケる可能性もあるから、80歳以降を白紙にすると
80ー30=50年
50×1/3=約17年
50−17=33
33年。
だぞ?
70歳だとすると23年。
どする?
覚醒して行動出来る時間は限られている。
しかも仕事だのご飯食べる時間だのを考えると
今日出来ることは今日やろう。
と、真剣に思ってしまうねぇ。





PR
昨日、バイト先へ行く途中、
歩道の脇でうずくまっている鳩を発見。
どうも怪我をしているらしい。
・・迷ったが、遅刻を畏れて助けられなかった。

産生神と動物の万霊たちに祈りながら歩いたが、
こう言う時はほんとに切ない。
仕事なんぞほったらかして
助けてやれない自分は小者だ〜。
情けない。

帰り道、思い出してその場所へ立ち寄ってみたが
鳩の姿はなかった。

きっと誰かが保護してくれたんだろう。
そう思いたい。

仕事場で大失敗をしてしまった。
お客さんに怒られたとか何か壊したとか
そう言う失敗でなくて
職場には、言葉の通じない宇宙人がいるんだが
昨日もまったく話が噛み合なくて
とうとう最後、言っちゃいけない事を言っちゃった。
バカとかボケとか、そう言う暴言ではないんだけど。

生活を落ち着かせるためには
パートでもバイトでも勤めを持つのが一番。
けど、わしには向いてない気がする・・。
社会生活脱落者、立派な負け組と言うか。

しかしながら、みんなエラいなぁ。
娘のような同僚の、
狡猾とも言える交流の仕方に半ば感心しつつ
「よくやり過ごせるなぁ?」
と言ったら、
「適当に流すから・・」
彼女は苦笑しながら答えてくれた。
「腹黒いから」
とも。
エラい!本当にエラいと思った。

そうなんだよね。
彼女の姿勢がまっとうで、やっぱりわしが幼稚なのだ。
どうもね、できないんだよ。
曲がったままが許せないと言うか、
鉄の質だからかもなぁ。
高倉健さじゃあるまいし、
「不器用ですから・・」とか、
それがカッコいいとかじゃないんだよなぁ。

早く戻ろう引きこもり生活に。
そのためのバイトだと、割り切らなくちゃね。
小者は小者らしく生きないと。



-------------------------------------------------------

さて。今日は乗り気でアフィリエイトを。
自分が使ってて本当に良いので強気で勧めちゃいます。

乾燥肌や肌の衰えをなんとかしなくちゃ!
とお考えの方へ。

プレディエントって言う美容液なんですけども、
普通の美容液と違って洗顔後に付けるんです。
なぜか?と言うと、プレディエント
他の化粧水、乳液、美容液、クリームを
浸透しやすく肌を柔らかくしてくれて
尚かつ、保湿成分を肌の中で貯めてくれるんです。

どんなに高い美容液やクリームをつけても、
思ったほど効果が出ない場合や、長続きしないのは
肌が固くなってて、奥まで浸透してないから。ですって。
だからプレディエントを使うだけでなく
少しはマッサージもした方が良いですよ。




そしてもう一点。
私が惚れ込んだもう一つはこれです。



もうね、一度付けたら止められない。
結構な値段だけど、有名ブランドが作って出したら
絶対1万円はすると思う。










あ?!
「スピードラーニング」だっけ。
「スピードランニング」じゃマラソンだ。(笑)
すみません。( ̄〜 ̄;)

今年は本当に寒いですね。
静岡も相当寒いです。
いつもなら、すっかり桜が咲いてる筈なんですが
今年はまだこんな感じ。



静岡にアパートハンティングに来た4年前、
それ3月の18日だったと思うけど、
すでに桜は満開状態だったと思った。



このまま夏も涼し目だといいんだけど。

そうそう、桜と言えば富士山。
富士の大神は木花咲耶姫命であり、
桜は木花咲耶姫命を象徴する花であるな。

この桜の時期に
『赤ちゃん』朗報が次々と届いて。
いやぁ〜嬉しかったですよ。
理由は書けないけども、
私には、木花咲耶姫命のご加護では?
と思える理由があったので。
ありがたや。(-人-)

この『赤ちゃん』朗報をくれた友人の一人は
2010年末、私を富士山へ連れて行ってくれた恩人でもある。
結婚10年目だっけ?
始めて授かったお子さんである。
ご夫婦の驚きと喜びは想像に難くない。

この友人が興味深いのは、
その富士山へ行く時から
すでに富士の大神から愛でられておって
なぜなら彼女らご夫婦と富士山へ向った日は、
もうあり得ないくらいの好天で
雲一つない青空と言う言い回しがあるけど
本当に雲一つ出てなかった。
富士山もピッカピカ。

さらにこんな事もあった。
富士山へ向う道は数本しかないし、
(たぶん2本)
本来なら、静岡側からなら富士宮から上がれる筈だった。
ところが我々はものすごい遠回りをして
富士吉田から4合目までたどり着いたのだ。

これにはちょっと思う所があったので
帰宅してからさっそく地図を拡げたら
案の定、我々は富士山の周囲を
まるまる一周させられていた事がわかった。
裾野を一周だぞ?( ̄〜 ̄;)
まさに富士巡礼ドライブである。

そう言う彼女であるから、
今回の懐妊には、産土神を通して
富士之大神からお心尽くしがあったのだろうと
ついつい楽しい勘ぐりをしてしまう。
富士之大神はなにせ、
天孫瓊瓊杵尊のお妃だぞ。
産屋に火を放って皇孫を産んだ方だぞ。
そう言うとてつもない大神に愛でられて
良い子が授からない訳が無い。
と、わしは確信しておる。

彼女もいろいろな霊体験をしておるが、
そう言う事に引っ張られてもいないし
ちゃんとご加護の体験もあるが、自慢もしない。
神様はそう言う人がお好きです。

彼女たちには話していないが、
実はこの日、浅間神社に参拝した折り
私はものすごい○体を見た。
裾野から雲上へ駆け上る、凄まじいお姿だった。
自分の思い込みかも?
その時は自重して深く考えなかったけれど、
やっぱり神様は神様だと、しみじみ思うのであった。
神様はちゃんとご覧になっておいでですね。

このブログの読者の皆さんにも
きっと吉報がありますように。
上昇する吉運が渦となって
しんどい思いをしていらした皆さんを
一緒に引っ張り上げてくれますように。

リサイクルショップで買ったフライパンが
どうにも焦げ焦げで困っておったら
TV通販でこんなんを見て。
欲しいなぁ。と。

「スピードランニング」のCMを観てると、
なんだか本当に
聞いてるだけで英語が出来るようになる気がする。
危うく買いそうになるくらい。
こう言う時、貧乏で良かった。
TVって怖い。

あのね、ここは経験者は語る、で行きます。

英語は聞き流すだけでは上達しません。
断言します。
知ってる英単語の量が物を言います。
どう言うことか?と言うと、

例えば私が
Can I help you something?
と外人さんに言われた場合、
「なにかお手伝い出来ることはありますか?」
と言われている事がわかります。
それは、
[Can] [I] [help] [you] [something]
の5つの単語を知ってるから可能なんです。
ところが、まったく知らない単語の繋がった言葉を
話しかけられても、理解出来ないのは当たり前ですよね?

もっとも、目の前に視覚で認証出来る
「様子」が分る状態であれば、
勘でなんとなく・・・
は十分あり得ますが。
音を聴くだけで状況が見えなければ、
まず無理です。

昔、ある外人さんとちょっとだけ話した時、
「どこから(国)ですか?」
と尋ねたら、彼は
「スカッ」
と答えてくれました。
スカッ???
私は理解できなくて何度も聞き直しました。
そして3回ほど聴いた後、
「スコットランド」だと分ったんです。

「スコットランド」は「スコットランド」じゃないんですね。
とても日本語では再現できません。
「スカッ ラン」に近いかな。

この時、私の脳細胞が脳内の記憶の中を駆け巡り、
国の名前で「スカッ」に一番近いもの
=「スコットランド」
と言う答えを導き出し、やっと理解できたわけです。

もし、私が「スコットランド」と言う単語と
「スコットランド」と言う国を知らなかったら、
未だにあの外人さんは
「スカッ ラン」人だったでしょうね。(笑)

また外国を旅した時のことです。
ガイドブックに出ている状況別の会話
ホテルや駅で使う会話を暗記して行ったのですが、
ちゃんと喋れるんですよ?
でもね、外人さんが答えてくれた「言葉」が
半分も理解出来なかった、と言う。(爆w
だから、大事なのは、英語に耳慣れるヒヤリングと
同時にたくさん単語も覚えてね?!
と。

別に「スピードランニング」が
ダメだと言うわけじゃないんです。
聴くだけでなく、単語を覚えたり書いたりと、
ごく当たり前の努力も絶対必要だ、
と。まぁそう言いたいのでした。




例のヤマガラさんは翌日にもやって来て、
そしてすごく驚いた事には
停まった屋根の位置が、
今までよりずっと我が家の窓に近かった、と言うこと。
と言うより、屋根の端っこギリギリまで来てくれた。
びっくり。
姿もちゃんと良く見えたんだよ。

で、今度こそ!と思ってデジカメ向けたら
ぜんぜんあっちの方を向いてた癖に、
あっと言う間に逃げられてしまった・・・。
ちゃんと見てるんだねえ。
危険だと思われたか。・・残念。

そして気が付いたことには
ヤマガラはどうも雨の日や
曇りの日に来るみたいだから
次も楽しみに待つ事にする。

話はまた極端に変わるけど、
最近、自分の周囲で怪奇(?)現象が起きなくなった。
写真を撮っても怖いモノも写らない。
また、自分から興味を持つ事もなくなって来て
ごくごく『普通』になって来たように思う。

読者の皆さんには、
そう言う「しまねこ」に興味を失うかもしれんが、
ごめんなさい。事実です。

じゃぁ本当に何も起こってないのか?
と言うとそれも違って、あるにはあるんです。
キイワードは「予感」と重なる「偶然」。
でも、その内容を書こうとすると
やっぱりブラウザが固まったり、メールがすっ飛んだり・・
と言う事は起こるんです。
もっとも、これが『まっとう』な「不思議」なんでしょうね。

毎年この木の芽時になると
本当におかしい人が一杯出て来ますわね。
皆さんはそう言う人に近づかないようにね。

少し前に大紀元
面白い話(中国崑崙山の仙人)が載ってるよ、
と書きましたね。
話は今、この世界に大ダメージを企てている
魔物を退治するために必要な物を探す旅の途中、
仙人たちは『豚人』や『妖狐』と対峙中です。
妖狐はまだしも、豚人の様子はキツいので
食事の前後には絶対読まない方が良いです。

話の内容その物が、神話や伝承と同じで
そう言う面白さもあるのですが
『ケガレ』と『おかしい人』を知るのに
すごく分りやすいので、引用させて貰おうかと。

さて、この『豚人』。
ものすごい所で生きてます。
書かないけど。(苦笑)
とても人とは思えない環境なわけです。
けど、実はごく普通の人の中にも
同じようにケガレまくっている人たちがいる。
この『豚人』のケガレは目にも臭覚に分る形だけれど、
目に見えない霊的なケガレを背負っている人も
実はまったく同じなんですよね。
目に見えたら大変!
速攻でパトカーが飛んで来ますわ。
あるいは、石を投げられるかもね。

いや?例え目に見えなくても
気配を感じて人は離れるでしょうな。
そう言うヤバイ人、一杯いますものね。

こう言うふうに、ケガレと言うのは恐ろしいもので
でも、目に見えないケガレに覆われている人ほど、
カタるんですよ。
神を。
神の力を。
そして、その神と仲良しだと謳うわけです。
直接神に指導を受けているとか守られているとか、
“私に害をなす者は神からの報復を受ける“
とかなんとか。

分ってますね?
神と言うのはとことんケガレを嫌う存在です。
そもそも、ケガレに近づけない。
天皇がお祭りに出座される時、
どれだけの禊をなされるか?
そりゃぁもう徹底しておられます。
もちろん、正しい神職も同じです。
そうやって始めて、神様の前に立てるわけです。

なのにですね。
禊どころか、祓えも読まず善行も成さない人に、
神様が近寄るわけがないっ。
ここ大事なところです。
またそう言うカタリに限って
家の中が汚いし、夜いっぱりで朝も遅い。
賭けてもいいですよ。
だって『魔』はそう言うだらしない人が好物だから。

また分りやすいことに、
インチキ霊能者ってのは『有名』に弱い。
伊勢神宮だの、必ず有名神社にこだわりますわね。
鎮まっておられる神の正式名も読めないくせにな。
そして100%高プライド&粘着気質。

いいですか?
大事な事なので何度も書きますよ?
陽は陰を好み、陰は陽を好む。
陽の気の強い方ほど表を嫌い、
陰の気の人ほど派手好きで目立ちたがる。
神様が鎮まる磐座をご覧なさい。
ゴロゴロの泥色の
地味〜〜なただの石ですよ。


実は、絶望の淵は今も私のすぐ隣にある。
だからこそ、踏ん張っていられる。
おかしく聞こえるかもしれないけど、
もし、また絶望の淵に行く事があっても、
隣にこの『現在』があることを、今は理解出来ている。
絶望と平常はすぐ隣同士だ。
だから大丈夫だと思うんだ。
必ず救いはある、と分るからだ。
もっとも、そう考えることの出来る人間は
もはや二度と、あの場所へ行く事はないかもね。

ここ1年くらいかな?
すっかり雨女になってしまった。
見事に雨に当たる。
昔は、どんなに強く雨が降っていたとしても
いざ出かけようとすると、
玄関を一歩出たところで雨が上がる。
本当にそうだった。
どこかへ出かけた時も、
私が到着した日の前日は嵐だったとか、
2〜3日前まで浸水してたとか、ざらにあったのだがねえ。

もっとも、私はこれを肯定的に受け取っている。
なぜなら、この雨女化現象は、
自分の運気がどんどん上がってきた時期と同じだから。
詳細は省くけどもさ。

さて。そんなわけで窓を開けてはお外を見る。
毎日。
バイトがある日に雨はキツいからね。
カラカラカラッと窓を開けると
お隣の屋根がすぐ目の前に。
いつ頃からだろうか?
その屋根の上にヤマガラを良く見かけるようになった。
庭で餌付けをしているようで
このヤマガラもたぶん、隣家のお客さんなんだろう。




画像はフィールドファインさんから拝借。<(_ _)>

それがね?ちょっと面白い事があって。
私が窓を開けるタイミングと
ヤマガラが飛んで来て屋根に止まるタイミングが
よく一致するんだよ。

最初の2〜3回は気にもしなかったが、
ほぼ毎回だと、さすがにこれは?と思うようになった。
ヤマガラは腰をかがめてお辞儀のような動きをする。
面白いので、一緒に動きを真似してみたんだよ。
するとヤマガラもお辞儀を繰り返すのさ。w
お友達になれたのかしらねえ。w
あんまり可愛らしいので、
デジカメに収めようとしたんだが、
シャッター押すと逃げちゃうのよ。
本当に可愛いんだ。

さぁ〜て。あと半月。
半月でまたいろんな事が変わる。
今年は少し遠出して、神社参拝に行けるかもしれん。
終わった。
本当に終わったんだ。
そして今、始まりの始まり。



防災関係なのか?水が売れてますね。
いろはすの蜜柑水も美味いです。


東北大震災から1年。
亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
被災された方々、どうぞ生きてってくださいね。
ご家族や大切な人を失くした悲しみは
想像を絶するもの。
安易な同情など、クソでしょうが
それでも、どうか生きる事をやめないでください。

私もかつて、絶望の淵に立っていました。
それはほんの数年前のことです。
椎間板ヘルニアをやらかす前、
私は草薙運動場の前で突然、立ち止まりました。
そここそが、私の『淵』だったのだと思います。

側溝の蓋の上で、私は途方に暮れていました。
いったい何処へ行けば良いのか?
このまま失踪した方が良いんじゃないか?
あるいは自殺するか?
出口の見えないトンネルの中で
本当にもう、一歩も動けなくなりました。

それから、重い足を引きずって家にたどり着き、
今思い返せば、完全に鬱だったんだと思います。
逃げ場の無い、自分との格闘が始まったんです。

自分のやったことへの責任。
自覚があれば受け入れも可能ですが、
身に覚えのない苦難はどうすれば良いのか?
持って生まれた障害、目に見える障害、見えない障害、
裏切り、不幸が無いと言う障害もある。
辛かったですよ。
けど、自分の人生に起きたことの責任は
自分が取らなければならないんですよね。
例えば私は生まれつき椎間板が弱い、と言われましたが
そんなん、絶対私のせいではないですわ。
しかも、今頃分ってもねえ?
けど、受け入れるしかない。

他人を羨んで恨んでいても何も生まれない。
自分で自分の足を引っ張るだけ。

とりあえず、生きていましょうね。
動けなかったら、そこにじっとしていてください。
取り敢えず。
バカと言われようとなんと言われようと、
必ずトンネルは終わるし、冬も行き過ぎます。
必ず。

あの絶望の淵から生還した数ヶ月後、
今度は重症の椎間板ヘルニア・・。
当時は水道もガスも止まり、家賃も払えませんでした。
でも、今は。
今はあちこちから引き抜きの声が掛かるくらい、
腰痛持ちなのに、認めて貰えてます。

辛抱も我慢も決して無駄にはなりません。
私が言うんだから間違いないです。
まずは焦らないこと。
新幹線の中で走っても、新大阪に着く時間は同じです。
向ってる方向さえ間違わなければ、
必ず『そこ』へたどり着くもんです。
ほんとよ。






実際、こうやってお外で働いてみると、
生きて行くってことは
泥をかぶって泥を飲み込むこだと実感。

今の職場に就いたばかりの頃、
陰口、悪口ばかりの同僚たちに
「もう止めな」
と、何度も忠告して
自分は一切、関わらなかった。
結果、私はほとんどハブられた訳だが
別に後悔もしていなかった。
上司の絶大な信頼を勝ち得た事は
なんとなくわかっていたからだ。
仕事さえしっかりやれば、後はどうでも良かった。

けれど、今はちょっと違うかな?
と、考え始めている。
ある程度、同調した方が楽は楽だ・・
と言う事を、しみじみわかる状況にいるからだ。

いやでも?う〜ん・・・難しいね。

少し同調した振りをしてその場を凌いだとして、
ああ言う輩はどんどん図に乗って来るから
一度相づちを打ったが最後、
更に更に毒を飲ませようとして来るに違いない。
そう言う時、サラリとかわせる技量が自分にあるか?
・・・無いわなぁ。

しかも、さっきまで同調してた癖に
後になって
「私はイチ抜けた!」は許されない気がする。

やっぱり独りで立ってるべきなんだろうねえ。
お前さんのようにな。

・・・しかし、何度見ても素敵な面構え。
オスだと思ったなぁ。

ところで、身近で素敵な事件が起きつつある。
まるで私は神様の立場だ。w
それは何か?と言うと。
年若い友人がいるのだが、
そのうちの一人が
「彼氏が欲しい!イケメンで優しい人っ!」
とかほざいておったのだが、
わしの友人の中に
イケメンで優しくしかも背も高い男の子がいて
「ああちょうど良い。紹介しようか?」
声を掛けたら大喜びで。

さりとて、3人ともショップ勤めでシフトがバラバラ。
とてもとても時間が合いそうにない。
さてどうしたものか?
悩んでいたら、イケメンで優しくしかも背も高い男の子が
フラッとわしの店に顔を出してくれたのだ。
さっそく、
「3人でお茶しに行こうよ!」
と誘ったら当然快諾。
ああでも時間調整がなぁ?
いっそ二人で行ってくれればなぁ?
などと考えていたらビックリ!
イケメンで優しくしかも背も高い男の子はw
紹介しようとしている女の子の
勤め先が入っている同じビル内の支店に
移動すると言うではないかっ!

ひゃぁ〜!こんな事ってあるんだなぁ。
マジでビックリしたです。

かと言って、これでうまく行くとは限らないが
二人とも家庭環境が似ているので、
少なくとも良い友だちにはなってくれるだろう。
女の子には彼の名前を教えてある。
ひょっとして、わしが引き合わせる前に
偶然出会うって事もあるかもね。
ふたりにはまだ、お互いが
ニアミス状態なのを伝えてないのだ。

ふふふ。
だからこれが神様の視点に居るって意味ですw




皆さま

メール不着が相当数ある事がわかりました。
もし、しまねこにメールしたのに、
しかもお返事があってしかるべきなのに
1週間経っても返信が来ない・・・
場合は、不着です。<(_ _)>

申し訳ないです。
さらに、メールフォームから送信したものでも
届いていないメールがありました。
本当にごめんなさい。
メールフォームを変えました。
石屋用のですが、メッセージのみで使えます。
今度はもう大丈夫と思います。
ほんとにごめんなさい。

話し変わって、今日また事件が勃発。
バイト先で「もう辞めてやるぞコラッ!」的事件があり、
ほんとにもう考えないとアカン!と考えていた所に
「戻って来てマジでお願い」
と言う電話が来た。(笑)
戻るかや。
戻る方向で考えてみようと思う。

この見事なタイミング。
わしの運勢が上昇中なのは本物と思って良さげ。

腕時計が壊れた。
1,000円の腕時計を修理に出すのもなぁ・・・。



前のページ      次のページ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]