忍者ブログ
恵方たわわ屋@しまねこの息抜きブログ
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まったくの放置状態で申し訳ない。

今年も出雲に於いての神在月となりましたね。
17日当たりから、産生神たちの
大会議が始まっておるように思います。
これで、来年一年の産子の命運が決まるんだそうです。
・・気が重いですわ・・・。

人が足りないと言うのはどこも同じかな?
仕事が無い無いって言うけど、
サービス業業界は、どこも人手不足です。
腰痛持ちのおばちゃんに頼らざるを得ないくらい、
私のバイト先もきゅうきゅう詰シフトを要求されてます。

お給料が増えたのはありがたい。
ウルトラ貧乏から普通の貧乏に昇格。w
反面、霊的な思考時間が激減してしまいました。

それは決して悪いことではないのだけど、
独りの時間が何より大事な自分にとって
これは大きな落とし穴かもしれん。

とまれ、今までいかに自分が
彼の世に片足を深く深く突っ込んでいたか?
がよ~~く実感できました。
それだけ健全化したってことなのかな。

とは言え、起こることはちゃんと起きている。
すくっと一人で立ち、
それぞれが独立していて依存しない。
依存はしないが連携している。
そう言う感じ。

身近な方たちの所に赤ちゃんが生まれ、
4人のうち3人が男子で長男。
女の子はざんざん私に意地悪をしていた
お母さんの元に生まれ、
一家揃って静岡から離れて行った。

3人のうち1人の男の子の親は、
いろいろ気配りをしてくれた方たちではあったが、
大いに利用もした。
待望の長男を授かりはしたが恐ろしく気難しい子で、
両親とも早くもノイローゼ気味である。

あとの2人の赤ちゃんは、
偶然にも同じ数霊の日に生まれ、
名前の最初に同じ言霊を持つこととなった。
聞いてびっくり。
マジでびっくり。

こんなの、偶然とは言わないだろう。

この二人の赤ちゃんの共通点は、
お母さんが正しい神道を学んでおられること。
善行を積んでおらること。
共に同じ神社に参拝に行かれたこと。

神様のご加護、ご寵愛と言うものは
まったくもってストレートであるなぁ。
彼女たちの身の上に起きた奇跡には
なんら超常現象たるものは無い。
一切無い。
まことに、神ながらとはこう言う事象を言う。


汚れがめっさ良く落ちる。
流行るかもね。
タオルを洗うときは洗剤少な目で。






PR
ちょっとね、面白い動画を見つけましたよ。



AlphaZebra さんが 2010/07/09 にアップロード

オーストリア人の遺物調査人クラウス・ドナによる、
45分のスライド・ショーです。
これは豊富なデータ、詳細で、徹底的な、
非常に引き込まれる内容です。アトランティスか­ら、
レプティリアン・ヒューマノイド、アヌンナキ人、
古代シンボリズム、超古代の科学技術、
超古代地球共通言語など、
さらに多くの情報をカバーしています。
このインタビュ­ーは驚くべき内容のものです。
どうぞお楽しみください。


不思議大好き@電波科学者さんも多いんだけど、
この方の説明はまともで、
素直に興味深いと感じました。

・・・思うに、私たちが知っている「人間の歴史」の他に、
今とは違う「人間」が存在した期間がいくつもあって、
生まれては消えて・・を繰り返しているんじゃないですかね。
消えて・・と書くと怖いですけど、
消える=滅亡とは限らないですものね。





ここしばらく、妙な感覚に陥っていて、
一番おかしかったのは、このブログが書けなかったこと。

話はたくさんあるのに、言葉が出てこない。
忙しいせいかな?とも思ったけど、
それだけもないような・・・・。

それが先日、奇妙なことが起きた。

自分にしかわからない、受信できないサインがあった。
例えば、バイト先でレジを打ってる時、
非常に個人的な数字がきれいに並ぶとか、
そんなこと。

で、その時、その数字が並んだ。
お客さんのお買いもの合計金額と言う形で。
今日は今日で、知人の入院先にお見舞いに行ったら、
ののの去勢手術を引き受けてくれた動物病院が
すぐ手前にあるのを発見。
お電話で相談していても、場所が分からなかったのだ。

それらはもう、本当にただの偶然。
だが、私にとっては意味のある偶然。

レジで意味ある数列を見た時、
あ?!来た!って思った。
でも、何が「来た」のかわからなかった。
正直、今もわかってない。
けれど、あれから
「引きこもり生活に戻ろう」と言う自分の決心が
形になって追いかけて来るようになった。
トントントン、と。

たぶん、私の身に起きていることは
他の人たちにも起きている。
絶対。
そのちっちゃいサインに気づくかどうか?
気づいたら流れに乗るか?乗らないか?
そういうことなのかもしんないなぁ。

ほんとに意味不明でごめん。



皆さん、お元気でしたか?

ここしばらく、書きたい事は山ほどあるのに
いざ、キィボードを叩き始めると
言葉が雲散霧消してしまうと言う、
ちょっと情けない状態が続いてました。
今日は最後まで書けると良いのですが。

ここしばらく、日本がきな臭い雰囲気になってましたね。
過去形じゃないかもしれませんが。
支那の挑発はまだまだこれから・・って気がしますものね。

その支那ですが、
いや、今の支那は中共国と言うべきかもしれませんが、
彼の国は数千年前に一通りの国造りを終え
応援に参加なされていた神々も、
日本にお帰りになられたと聞きます。

3千年も前に国が成熟していたんですね。
ゆえにたくさんの偉人、賢人を輩出されたわけです。
支那は名実ともに大国だったのでしょうね。

その支那も今は昔。
漢字は省略体を使うようになり、
自国の文献が読めなくなって来ているそうです。
その方が都合が良いからだとか。
賢い国民は財産ではなく、
毒である、と言うのが中共国の考えだそうです。
さすが信仰を否定する国。
『邪』から見れば、こんなに乗っ取り易い国はないわけです。
いやはや。

エントロピーの法則でしたっけ?
『物事は完成と同時に崩壊が始まる』とかなんとか。
支那も法則に漏れず、数千年を掛けて崩壊中。
その最期の時期が『今』なのかも。

学者でなくとも予測は簡単。
支那の未来は、解体か自然崩壊しかありません。
解体出来れば傷は浅くて済みますが
成り行き任せとなると
周辺諸国も無事では済みますまい。

一つ出来上がった物が瓦解すると、
天辺(だった位置)が非常に低い所に落ちて来ます。
そしてピラミッドの階層は限りなく薄くなり、
裾野は限りなく広がります。
これが何を意味するか?
私達はそれを、生きている間に見る事が出来そうです。
体験と言い換えるべきかもしれません。

世界が秩序を保つためには、階層が必要なんです。
平等は絵空事で実際にはあり得ない。
本当に人間が平等になってしまったら、
世界は破滅しますよ。
策略と暴力で。
統括する『上』が無いんですから。

『民主主義(資本主義)』は、
あまり良いシステムではなかった・・・。
むしろ失敗だと言う方が増えています。
その通りだと思います。
世界はまだまだバカな殺し合いを続けるでしょうが、
人間社会が際、極限まで行った時、
やっと元の秩序へ向って再構築が始まるでしょう。
『日本』が大事なのは、その時なのですよね。
その時のために、この国はあるのかもしれません。







なんとも賢そうなお顔です。
赤ちゃんっぽさが消えて少年のお顔に。
この方の存在は日本の未来を予感させて下さる。

先日、バイト先の事務所で着替えながら
「あぢー!この暑さは年寄りにはキツいわ」
とこぼしたら、
そばにいた未成年バイト達がシ〜〜ンと。w
そうか、もうシャレになってない歳なのか。( ̄〜 ̄;)
まっいいけど。

話はいきなり大ジャンプするけども、w
長谷川角行と言う神人がおられる。
500年くらい前、国家安寧、万民救済を祈願して
富士山で修行をなさった方です。
長谷川はこう仰っていたと言います。
「富士は世界の鎮守」、
「天地の始、国土の柱、天下参国治、大行之本也」
・・深いですね。

古事記を読んでいる方なら
あるいはピーン!と来るものがあるかも。
私も分かりましたよ。

その富士山がまた、世界遺産登録の
審査を受けているようで。
う〜ん・・・。
世界遺産になってしまったら、
さらにさらに来訪者が激増しますわね。
しかも外国から。
そして、汚す目的の奴らも来るでしょう。
絶対。

世界遺産登録が仇になってる場所も多いと聞く。
こうなると、本末転倒ですよね。

古来、本当に大事な場所と言うのは
重秘扱いされて来たです。
伊勢神宮でも出雲大社でも、
大事なところは明かしていない。
案外、え?これが?と言うような扱いだったり。
パワースポット信者とか、心霊写真マニアとか
そうやって俗目から視線を逸らせて
守って来ているんでしょうね。

そう。本当に大事なものほど、
案外放置されて(るように見え)るのかも。






う〜ん・・・・・。
途中まで書いたんだけどね?
動かなくなる。
2回ともダメだわ・・・。
参ったなぁ。

また旅が始まりそうだよ。
昨日、仕事中レジで『蚊』がブ〜〜ンと。
!!捕まえたる!
意気込んだわしはお客さんの目の前でパッチーン!
で、逃がした。
お客さんは爆笑してたが、
わしはこれで曲がらなかった親指が
バキッとカクッと曲がってしまい。
うっっ!と唸ったけど、
騒ぐわけにも行かないので
そのまま我慢して仕事を続行。
30分後、親指はゆっくり元の位置に戻っていた。
焦った。
まじで救急車かと思った。( ̄〜 ̄;)
せめて、蚊をしとめておれば・・・。
なんかもう自分の指じゃないみたい。(´・ω・`)

民主党が政権を取ってから
今まで目に見えなかった物が見えるようになって
そう言う点では民主党に感謝せねば。

かつて私も、
ぎゃーぎゃーうるさい隣人たちに
「政府は分りやすく謝罪して、
お金もたくさんあげて黙らせればいいのに。
んで、一気に手打ちしちゃえば?」
とか思ってた。
ああ恥ずかし。(〃∇〃)

だけどもう、あの「ぎゃーぎゃー」は
日本からお金を巻き上げるための手法であって
心から謝罪を欲しがってるわけではないし、
「日本が悪い」と考えてるわけでもない。
と言う事が分かって来たので、
今はひたすら鬱陶しいだけだ〜。

だがしかし、光に影が付いて来るように
日本あるところに必ずあの国はまとい付いて来る。
これ真理な。

日本は毅然とせねばならん。
経済がどうのと言う事も確かに大事だが、
豊さのために乞食をやるのは本末転倒だ。
豊さも、まず、国があってのこと。
国とは人。
人とは霊。
高い霊性は人としての品格。
本当に大事なものを守るために、
失うことを怖れてはいかん。
戦いはすでに始まっており。



「ちょっと体調悪りぃ・・」
とこぼしたら、10分後に早退を言い渡された。
交替要員もすでに確保済み。
あらら〜とは思ったものの
仲間のお心遣いをありがたく頂くことにした。

横になってTVを観ながら
アイスクリームを握ったままトロトロしていたら、
顔がトロトロになってしまった。( ̄▽ ̄;)

親指は少し動かせるようになって来た。
リモコンも押せる。(爆w
いや、真面目な話、親指は偉大な存在よ。

今年の静岡は過ごしやすい夏模様です。
って言うと皆、
「ええ〜〜あづいじゃん!」
って反対するけど、それはね?
快適な住環境に居るから気づかないだけぞ。
だって今年はアセモが出ない。(爆w


先日、面白い体験をした。
お客さんが
ーこれこれこう言う症状に効果的な薬を探しているが
そんな物はないのよねえー
こう仰る。
私はまさに彼女の真後ろにある
とある薬品のラベルに
「これこれこう言う症状に効果があります」
と書かれているのを見て、
「お客様、これなどはいかがでしょう?
お試しになりませんか?」
とお話したら、彼女は3秒くらい固まってしまい
気を取り直してその薬のラベルを読み始めた。
が、
「あ〜〜これはダメよ。
私はアレルギーがあるから
病院の薬でないと飲めないから」
こう仰る。

・・・こう言う人、結構いる。
薬に限らず。

そもそも、この人は何を求めてここに来たんだろう?
構ってちゃんなのかなぁ?

こんな人もいる。
相談にいらしたから、率直にアドバイスする。
すると、自分の期待通りの答えでないと
無視あるいは逆ギレする。
そして連絡がこなくなり、
しばらくするとまた電話して来る。
話を聞くとまた変化があって
状況が変わったのだと言う。
だが、よくよく話を聞いてみれば
アドバイスなどまったく耳に入れず、
その場その場の感情で動き、
自分の正しさを相手に押しつけ無理矢理納得させ
でも結局、相手が逃げ出して頓挫しただけの事で
最初から何も変わってはいなかった。
むしろ、事態は最悪化していた。

で、私に何を期待しておるか?と言うと、
何やら術を使って相手に勝たせて欲しいのである。
アフォか。
こう言う人でも神様はお守り下さるわけで
神々の忍耐居深さ、懐の大きさは計り知れない。

まったくこの世は不思議な世界だ。

メールを読んでいるだけで
思わず微笑んでしまうような方もおれば、
上のような、最下層のギリギリ人間もおる。
こう言う『世間』に揉まれて生きて行くのだから、
自分一人だけ純粋でいられるわけがない。
もし、一人だけ純粋@人間がいたとしたら
それはもう徹底した利己主義人間である。
利己主義人間は強エゴ人間であるゆえに、
その時点でもう『純粋』とは言えない。
この矛盾。
これがこの世界の特性。

どこまでが『可』でどこからが『不可』なのか?
それは自制心や自立心と比例するのかな。

今、外は大雨。
雷も鳴ってる。
季節が変わるんだなぁ。


フランスとスペインで食べたチーズが
忘れられない。
でも名前が思い出せない。(爆w




マイサンに
“お誕生日おめでとうメール”を送ったら
お返しにこんなURLが。



激しくツボッた。(爆w


こないだ、とあるお店を探して走ってたら
道に迷っちゃってさ、
気が付いたら駿河区の端っこに出ちゃった。



先の丘はもう清水区。
ここに草薙神社がある。

ここはその手前。
登呂遺跡。
地名も『登呂』。


こぎれいに整備されたけど、
はっきり言って魅力と言う物はないのよね。
散歩には良い。

さて。
大紀元で「中国崑崙山の仙人」の 第2部がスタートしてます。
ちょっと読んでみたけど、
ほとんど興味が湧かなかった。
第1部のように、「うんうん」と飲み込める部分もなかった。
確かにこれは『神話』なんだろう。

うー今回の風邪は吐き気を伴うみたいだ。
皆さんは移されないよう気をつけてね。

そうそう、大紀元に桃の効能が出てました。
参考になりました。


食べ出すと止まらない予感。






   次のページ
ズバッと本音で話します。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
MKM コンドロビーアップ錠 180錠





楽天で探す
楽天市場



ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]