忍者ブログ
恵方たわわ屋@しまねこの息抜きブログ
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけまして
 おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。<(_ _)>



元旦からづがれでます。
へろへろ。
ありがたいことだけど、
身体が持つだろうか。
今日はお薬が効かなかったし。( ̄□ ̄;)ナント!!
神様お願い。(-人-)

みなさまのご多幸に恵まれた一年を
心から願っています。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
PR
のの蔵、推定年齢1歳と8ヶ月。
なのに4回目の発情期に突入。
・・・Orz。


どこかで読んだのだけれど、
猫(たぶんわんこも)って言うのは、
光を浴びることで発情するんですって。
現代の猫は飼い主の都合で夜中まで
明るい部屋の中にいるでしょう?
だから年中発情期状態なんですって。
これ豆知識らしいな。

あっと言う間に3週間が過ぎた。
悩みに悩んで移動したが、正解だったかな。
仕事は1.5倍もキツくなったが、
自分が先輩の立場に居るので、
悪口、いじめの対象化されてないのが一番楽かも。

とは言え、だんだん遠慮が無くなって来て、
厭味だの皮肉は始まっておる。
やれやれ。
本当にやれやれだ。
上手にスルー出来ますように。

自分が体験してみて初めて分ることだが、
成長には時間が掛かる。
本当に。
当たり前だとおっしゃるか?
それがなぁ、違うんだなぁ。
ある一つの事象、事柄について
それをどう理解するか?
どう対処するか?
これが大きく大きく違って来る。
人によって。
『人』とは、年齢の違いであり、経験の違いであり、
優しさや思いやりの大きさの違いもある。

自分も若い頃は同じ反応だったな?
と思うから、怒れない。
じゃぁどうやったらうまく諭せるか?
試してみたが、ほとんど無駄。
だから、理解力と言うものは、
たくさんの時間を費やさないとどうにも育たないものなんだな?
と、自分もやっと分って来たかな。

人は歳を取って失うものばかりに目が行くけど、
実際の話、歳を取らないと絶対に得られないものがある。
そこに気づくことが本物のおとな、
本当の御霊鎮めの始まりになるんだね。
つまり、丹田を作る、と言うことなんだけど。

辛抱と我慢抜きで達観は得られない。
そしてこだわりすぎないこと。
何処かであきらめる潔さも必要。




のの蔵があまりに気持ち良さげに寝ておるので、


ついついかまいたくなる。
ので、ちょっと肉球だけ見せて頂くことに。
・・・見事なピンクです。


やっぱこれは、お外を歩かないからなんだな。
しまも小次郎も黒色だったもの。
や?ごめんごめん起こしちゃったか。


しかし去年の暮れも寒かったが、
今年はもっと冷えてますねえ。
静岡、まさかのマイナス気温ですよ。
朝方だけど。
・・・なんだか唐揚げが食べたくて仕方ない。
焼き鳥でもいいなぁ。


づがれだ。
なんつー忙しさやねん。(-""-;)
今日はお休みの筈だったが、急遽出勤となる。
しかも、1時間早く。
さらに7時間ぶっつづけで休憩無し。( ̄□ ̄;)ナント!!
死ぬがな。( ̄〜 ̄;)
こりゃ移動は早まったかな?と
少々後悔していたところへ、
元の支店がガタガタだと言う噂を聞いた。
「ぢゃぁワタシ、戻りましょうか?( ̄▽ ̄)b」
現店長に振ってみようと思ったら、
「しま猫さんは絶対に戻さないし返しません。」
息を吸い込む前に言われた。(-""-;)
なんでやねん。
人がいないねん。
わかってるけどさぁ。
現店長はエスパーかもしれんな。
忙しいなりにもまったり仕事が懐かしい。
でもまぁいいや。
今のうちにしっかり稼いで準備しなくちゃ。

オモチャとして欲しいわ。
持ってったら社内の人気独り占めだね。(笑)

先日ご紹介した大紀元のコラム、
『中国崑崙山の仙人』の7回、 応霊が面白いです。

また、一部の人には、
悪いことをしたら、すぐにいろいろなことが起きて、
その罪を償うようになるが、これは「現世応報」という。
しかし、一部の人は、以前に大きな徳を積んでおり、
その徳がまだ消えていないので、
報いがまだ来ていない場合もある。
一番怖いのは、罪を償う資格さえ失った人たちである。
神様は、彼らはもう罪を償う価値さえないと見なしているという。
彼らを待っているのは、絶えず消えない苦痛であり、
形神(肉体と精神)が消えるまで、その苦しみは続くのだ。

(一部抜粋)
中国崑崙山の仙人(7) 応霊より

この思想は神仙道にあるものと同じ。
つまり出典は同じ所から来ているんじゃないですかね。
平先生と言う方は地仙なのかしらん?

『罪を償う資格さえ失った人たち』

つい最近、そのうちの一人が亡くなりましたっけ。
今頃、真っ暗な闇の中で恐怖で発狂しそうになりながら
逃げ回っておりますかねえ・・・。
エラい目に遭われるでしょうなぁ・・・。


それはさておき、この仙人のお話の中に
「境界」ってのは実はもっと深い意味がある。
と言うような事が出て来ますが、
少し前に同じようなことを考えていました。
それは「境界」と言うより、
『戸』、つまりドアって何だろう?と。

お化けの話を見たり聞いたりしていると、
よく、お化け(幽霊?)が
ドアを叩くシーンが出て来るでしょう?
お化けなんだから、ノックなんかしないで
スッと入ってくればいいじゃない?
そもそも脅しに来ているか?
助けて貰いに来てるのか?
知らないけど、要が有るんでしょ?
なのに、なんでわざわざ礼儀正しく(?)
ノックするのかな?と。

ここでふと思い出したわけです。
イザナギノ命がイザナミノ命に追われて
黄泉の国から逃げ帰る時、
その坂道に千引きの岩で道を塞いでしのいだ、
と言う段がありますね。
この大石を道反大神(ちがへしのおおかみ)と言う。

『戸』と言うのは、何も利便性だけで建ててある物ではなく
実はこう言う魔的な物から
人を守るためにあるんじゃないか?
いや、建物に限らず、人間の生活のどんな物にも
こう言う深い意味、神々の教えが根底にあって、
『戸』だけでなく、『竈』もそうですし、『トイレ』も然り。
生活の知恵を越えた知恵と言うものがあって
我々はそれを知らずに繰り返し、
履修しているのかもしれないですね。




ののに段ボールでコタツを作ってあげました。
さっそく入室。


足しか見えないので、
ちょっとカバーを上げてみました。


まったり。


みなさんのおかげで、のの蔵は元気に育ちました。
ののは煮干しが大好物です。

この種(サビ)の猫は仮面のような顔模様が特徴で
でもまぁ、見慣れると可愛いもんです。


赤ちゃんをあやすのと同じように
「バブバブ〜」をやってあげると
とたんにトロンとした目つきになって
反応も赤ちゃんみたいになりますわ。w

今日はプチッッと切れました。
パートのおばちゃん=バカ
ってのが通説なんだろうね。
いいけど。
しばらく我慢していたんだけれど、
どうにもダメだった。
とは言え、啖呵を切ったわけでもないし
皮肉を返したわけでもないけど。

一方で仲良く接しようと近づいて来る人がいて
他方では見下す人が居る。
『正社員』は確かに我々より立場が上だけど、
それは序列であって、
人となりは別もんだと理解しろよ。バカたれ!
と、心の中で毒づきながら、
目が三角になってなぁ。(反省)

仕事は楽しくない。(-""-;)
ココロがささくれ立ってピリピリしている。
これを飲み下すことの難しさよ。

楽しく働けているとしたら、
それはまぁなんと!幸福なことです。
うらやまし。
こう言う時は笑うに限る。

★都道府県で会話
281 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:15:35.45
このおれに佐賀瀬戸?

282 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:20:10.56
>>281
佐賀すのがいや奈良、北海道しろ

283 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:23:32.81
…それちょっと久留米市区内か?

284 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:26:23.60
滋賀たのない奴らだな

285 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:35:21.29
そんな兵庫して大阪ったら、栃木が岩手るので、福岡だぞ

286 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:36:23.02
那覇覇覇覇覇

287 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:39:15.72
流石にわ関内わ

288 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 11:59:54.38
奥羽お前ら元気甲斐

289 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:06:52.27
眠くて多摩らない宗谷コヒー飲むか

290 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:24:43.98
何この流山市w

291 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:25:58.90
おれも根室う

292 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:31:07.28
おれの頭は勝浦

293 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:47:22.11
  ( ⌒ )
   l | /
  〆⌒ヽ
⊂(#‘д‘)<誰が萩やねん!!
 /   ノ∪
 し—-J |l| |
     @ノハ@ -=3 ペシッ!!

294 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:49:39.07
明日から旅行に行くんだけどお宮城なにがいい?

295 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:49:45.45
なんば、そう言う古都かwww

296 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 12:55:17.80
甲府ぃー豆がいいな



誰が萩やねん!!
ワロタw
今頃分った。w




前回の続き・・ッてわけでもないんだけど、
わしね、みんなに
「寂しい」とか言われても、
あまりピン!と来なかったのさ。
なぜなら、信じていないから。
昔の自分なら、コロッとほだされて騙されてたと思う。
けれどもう、そう言う自分はどこにもいない。

結局、「疑う」って言うのは
信じないことではなくて
鵜呑みにせず、検証して行くって事なんだね。
だからこそ、検証して確信を得る事が出来た信頼は宝なのだ。

今日もガンガン働いた。
わしの評価は高めらすい。
それは視線で、態度で会話で分る。
誰かが吹いたらしい。
シラネ。
「評価」なんて「風」だから。
そんなものにすがろうとはおもわん。
明日もわしは通常営業。
さて。
どうしたものかな?
・・・と悩んでいたんだけれど、
3分で劇的な変化が起きた。
勤務先が変更。他店へ移動となった。

元々、バイトが集まらず困り果てた店舗があり、
うちから数人が応援移動することになっていたのだが
行く人がいないので、
しょうがないので私が行くことに。

結局3人が移動することになったのだが、
(ここから自慢が入ります)
私だけにお餞別が出た。
しかも、同僚だけでなく、社員さんからも込みで。
・・ビックリした。

ある上司は目を真っ赤にして
「動かしたくないんですよ。本音は。」
別の上司は
「精神的な支えでした。
いなくなるのは本当に寂しいです」
・・・たまげたよ。

私も望んで出るわけではないので、
ちょっとうるうるしてしまった。
でもこれで、給料が上がる事が確定。
胃潰瘍の原因とも縁を切れる。
悲しみの中の喜び。
喜びの中の寂しさ。
まさにこう言うことだね。

さらに、異動先の店長に面接を受けたら
なんだか報告書のような物を読みながら
「しまねこさんは実質、リーダーと言うことで・・」
またまたビックリ。
もちろん速攻でお断りする。
一緒に移動になった、超負けず嫌いで
超仕切り魔@同僚が近くにいたのだが、
この店長の話にこめかみに青筋が立っていた。
こわや。

私は変わらない。
何処に行っても誰に対してもいつも同じ。
基本に忠実に誠意を持って事に当たる
・・努力を続ける。
手は抜かない
たまにしか。
(爆w

本当に肚が据わって参りました。

これで本職にも関わる余裕ができる。
良かったよ。


『3分で劇的な変化』の意味は、

わし:「移動しても良いですよ」
上司:「では本部と先方の店長に相談してみます」

返事(決定)は2〜3日後と言うことで待機するわし。

3分後。わしのいない別グループのミーティング開始。
わしの移動が発表される。

上司からではなく、別チームの同僚から移動決定を知らされる。
この間、本当に3分。
つまり、面接も待たずに電話で本部のOKが出たってこと。
上司の補償があったと言う事ですな。

どうよ。参ったか?(笑)
我慢と辛抱と努力って、やってみるもんでそ。







前のページ      次のページ
ズバッと本音で話します。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
MKM コンドロビーアップ錠 180錠





楽天で探す
楽天市場



ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]