忍者ブログ
恵方たわわ屋@しまねこの息抜きブログ
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[295] [293] [294] [292] [290] [289] [287] [285] [284] [283] [282
東北大震災から1年。
亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
被災された方々、どうぞ生きてってくださいね。
ご家族や大切な人を失くした悲しみは
想像を絶するもの。
安易な同情など、クソでしょうが
それでも、どうか生きる事をやめないでください。

私もかつて、絶望の淵に立っていました。
それはほんの数年前のことです。
椎間板ヘルニアをやらかす前、
私は草薙運動場の前で突然、立ち止まりました。
そここそが、私の『淵』だったのだと思います。

側溝の蓋の上で、私は途方に暮れていました。
いったい何処へ行けば良いのか?
このまま失踪した方が良いんじゃないか?
あるいは自殺するか?
出口の見えないトンネルの中で
本当にもう、一歩も動けなくなりました。

それから、重い足を引きずって家にたどり着き、
今思い返せば、完全に鬱だったんだと思います。
逃げ場の無い、自分との格闘が始まったんです。

自分のやったことへの責任。
自覚があれば受け入れも可能ですが、
身に覚えのない苦難はどうすれば良いのか?
持って生まれた障害、目に見える障害、見えない障害、
裏切り、不幸が無いと言う障害もある。
辛かったですよ。
けど、自分の人生に起きたことの責任は
自分が取らなければならないんですよね。
例えば私は生まれつき椎間板が弱い、と言われましたが
そんなん、絶対私のせいではないですわ。
しかも、今頃分ってもねえ?
けど、受け入れるしかない。

他人を羨んで恨んでいても何も生まれない。
自分で自分の足を引っ張るだけ。

とりあえず、生きていましょうね。
動けなかったら、そこにじっとしていてください。
取り敢えず。
バカと言われようとなんと言われようと、
必ずトンネルは終わるし、冬も行き過ぎます。
必ず。

あの絶望の淵から生還した数ヶ月後、
今度は重症の椎間板ヘルニア・・。
当時は水道もガスも止まり、家賃も払えませんでした。
でも、今は。
今はあちこちから引き抜きの声が掛かるくらい、
腰痛持ちなのに、認めて貰えてます。

辛抱も我慢も決して無駄にはなりません。
私が言うんだから間違いないです。
まずは焦らないこと。
新幹線の中で走っても、新大阪に着く時間は同じです。
向ってる方向さえ間違わなければ、
必ず『そこ』へたどり着くもんです。
ほんとよ。






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ヤマガラ   *HOME*   バーズアイ
ズバッと本音で話します。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
MKM コンドロビーアップ錠 180錠





楽天で探す
楽天市場



ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]